むちうち慰謝料相場のことなら弁護士へ相談

追突事故など、交通事故の際にむちうちを患ってしまうこともあります。むちうちになると首が痛くなるのはもちろん、手足のしびれやめまいを引き起こします。事故の状況や日常にどのくらい支障をきたすかなど、精神的苦痛も人それぞれ違ってきます。

慰謝料は精神的苦痛に対する損害によって金額が変動するので、むちうち慰謝料相場はどのくらいかと断定することができません。そのため、加害者と被害者で認識に差異が生まれて、示談が思うように進まないことも珍しくありません。こういう場合、交通事故弁護士に相談するのも1つの手です。相談料無料で対応してくれる専門の弁護士もいるので、一度相談してみましょう。

むちうち慰謝料相場を知りたいなら

誰もが経験したくない交通事故ですが、不幸にも遭遇してしまうこともあります。慣れない事故に焦ってしまい、後になって首が重い、手がしびれるなどのむちうちの症状に悩まされることもあります。交通事故による病院の受診は、基本的に自費扱いになってしまいます。

かし、被害者側であれば、加害者側に賠償金を請求することができるのです。現在ではむちうちの慰謝料の相場は、インターネットで簡単に調べることができます。賠償金には慰謝料以外にも、受診料や休業時の損害賠償も含まれています。自分では調べるのは中々大変ですが、交通事故弁護士ならあらゆる面を考慮して、適切なむちうち慰謝料相場を提案してくれることでしょう。

むちうち慰謝料相場は交通事故弁護士との相談が必須

交通事故に遭った場合に起こりやすい怪我、それはむちうちです。これはごく軽度のものから後遺症に悩まされる重症なものまであります。むちうち慰謝料相場に関しては、大きく分けると3つの基準があります。

1つ目は自賠責保険基準で、被害者を最低限補償するものなので、相場に関しては3つの基準の中で最低限となります。

2つ目は任意保険基準で、自賠責をわずかに上回る相場となっています。

3つ目は弁護士基準(裁判基準)で、交通事故弁護士に示談交渉を代行してもらった場合、または示談が成立せずに裁判まで発展した場合に適応される基準です。

相場は3つの中で最も高額となります。

弁護士への依頼でむちうち慰謝料相場が上がる

運悪く追突事故に遭遇してしまったとき、むちうちになることがあります。むちうちは病院での診断名は、頚部捻挫といった診断名が付けられることが多いようです。むちうちは交通事故の後遺障害と認められることもあり、慰謝料の請求が行われます。

その際には、交通事故案件を主に扱っている交通事故弁護士に依頼して、むちうちの慰謝料を請求した方がいいでしょう。慰謝料に関しての交渉を任せて怪我の治療に専念することができますし、弁護士基準での請求なので、各保険基準よりも高いむちうち慰謝料相場となります。慰謝料の増額や後遺症がある場合の認定をしてもらうもためにも、交通事故弁護士に依頼しましょう。

むちうち慰謝料相場はいくらなのか

むちうち慰謝料相場は一概には決まっていませんので、自賠責や任意保険による基準と、交通事故弁護士を通じてのものでは、最終的に受け取る金額に大きな差が出ることも珍しくありません。

むちうちになってしまうと痛みが残るだけでなく、日常生活にもさまざまな影響が出てしまいます。できるだけ高い慰謝料を獲得して、怪我の治療に役立てたり生活のサポートを受けられるようにしたいものです。交通事故弁護士を通じて示談交渉をおこなう利点は、慰謝料が高額になるという点はもちろんですが、自分の意思を代弁してもらえるので、相手と直接顔を合わせる必要がないというところも挙げられます。

続きを読む