交通事故慰謝料の算定基準とは

交通事故慰謝料の算定基準には、3つあるようです。

すなわち、自賠責、任意保険、裁判所の3つです。ほとんどの場合に加害者が任意保険に加入しているので、保険会社が独自に定めた算定方法によって交通事故慰謝料の金額が決まります。

交通事故慰謝料では、裁判所基準が最も高額になりますが、個人で交渉して最高額になることはほとんどないようです。

交通事故弁護士に依頼をして、裁判までやるつもりになったときに、慰謝料の最高額が実現する傾向があるようです。

必ずしも交通事故弁護士に依頼をして最高額の慰謝料をもらうことにメリットがあるわけではありませんが、2倍以上にまで増額されることもあるので、相談だけでもしておくべきでしょう。

続きを読む

事故後は弁護士に慰謝料についての交通事故相談

弁護士に交通事故相談すべき事故であるかどうかという事はわかりにくい事もあります。

慰謝料の事で後にトラブルになる事もあります。少しでも早くきちんと解決したいという人は、交通事故の後は早く弁護士に慰謝料を相談したいですね。

交通事故の後、ある程度治療の目処がついてから慰謝料の話が出るかと思いますが、弁護士に交通事故相談するのであれば、早い方がいい様です。

交通事故の事でトラブルになってしまってからではなく、交通事故の直後から弁護士に相談していると、慰謝料の問題だけでなく警察との交渉についても対応してくれるそうです。

慰謝料は人生が変わる事もある問題ですので、弁護士に交通事故相談をした方がいいケースも多いに考えられます。

続きを読む