治療費用や慰謝料の請求は交通事故慰謝料弁護士に相談

交通事故の被害者には、加害者に対する損害賠償請求の権利があります。損害賠償請求は、交通事故で被った損害にあたる金額を相手に支払ってもらうことです。
請求項目は幅広く、治療費用や通院の交通費などから休業補償、それに精神的痛手に対する賠償金にあたる慰謝料と、被害者に知識がないと大変難しい内容です。

請求額については加害者や加害者が契約している自動車保険の契約先である損保会社との間で行う示談交渉で決めますが、保険会社は安い賠償金で示談にしたいところなのですぐに応じてしまっては被害者にとっては大変な損です。そこで交通事故の被害者になってしまったら、交通事故慰謝料相談が得意な弁護士に相談してサポートを受けるのが最善です。交通事故慰謝料弁護士なら、被害者にとって有利な示談交渉をすすめてもらえるからです。

交通事故慰謝料は決定させてから支払う

双方が同意をしないと、交通事故慰謝料の支払いは発生しません。事故を起こしている側、起こされている側が納得して、金額に同意しない限り、慰謝料を支払ってはいけません。前金として請求するなどの方法は一切使えませんので、勝手に導入しないように気をつけてください。

また、交通事故慰謝料として支払う金額を途中で変更することも出来ません。支払いを分割して行うなどの方法を採用しても構いませんが、途中で金額を変えたいなどと言っても受け取り側が納得しません。慰謝料というのは、最初に決められている内容を変更せず、弁護士基準などを基に最後まで支払いを行います。

交通事故慰謝料と事故の大きさ

交通事故慰謝料と事故の大きさは比例しています。もちろん、怪我をしている状況などによっても、慰謝料というのは変わってくるのですが、それ以上に交通事故慰謝料というのは、事故の状況によって決められることが多いのです。

弁護士基準によって提示されている内容でも、事故の大きさなどを配慮して金額を設定している絵ことが多くなっています。当然ですが、交通事故の慰謝料が高ければ高いほど、支払う側にとっては負担が大きくなってしまいます。かなりの負担になってしまった場合でも、支払いを最後まで完了させて、大きな事故の責任を取らないと駄目なのです。

交通事故慰謝料には問題も

交通事故慰謝料については、受け取る側が納得しないと駄目な問題があります。当然ですが、事故を起こされている側が納得出来ない限り、慰謝料というのは決定されません。この問題が実は結構影響しているのです。

受け取る側は、もっと金銭を欲しいと思っているのですが、実際に提示されている金額が思っていた以上に小さいと感じられることが多く、思っていた以上に受け取る金額が小さいのです。小さい金額を受け取りたくないので、交通事故慰謝料を増やすように要求して、慰謝料の金額が決まらないという問題がかなり多く出てしまっています。そこで弁護士基準によって対応することがあります。

関連

MUNU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料の相場について むちうち慰謝料相場 弁護士 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故の相談内容