慰謝料は安易に示談せず弁護士に交通事故相談

交通事故の慰謝料の計算基準は3通りあり、それぞれ自賠責基準・任意保険基準・裁判の判例基準と呼ばれています。基準により算出額が大きく変わり、3つの基準の中で一番金額が高く計算されるのは裁判の判例基準、安いのは自賠責基準です。
慰謝料をいくら請求するかは示談交渉において加害者サイドの保険会社と決めていきますが、保険会社としては被害者への賠償金の支払額はできる限り抑えたいところですから安い基準で計算した金額を提示されることが多くなります。被害者に知識がないとそのまま示談としてしまうことがありますが、実際にはもっと多くの賠償金がもらえるケースが少なくないので要注意です。
加害者の保険会社から示談金を提示されたら、安易に応じず交通事故相談を専門にしている弁護士に示談代行を依頼するのが何よりです。交通事故相談専門の弁護士は、被害者が受け取る賠償金アップのために裁判基準で再計算の上で支払交渉するなど尽力してくれます。