交通事故関連の中でも多い弁護士相談

具体的に交通事故問題の中で、どんな点について悩んでいる人が弁護士を訪れるのでしょうか。交通事故関連の中でも多い弁護士相談としては、後遺症の認定が考えられます。交通事故が起きると、後遺症が残る怪我をする事もあり、本人は治療を継続したいのに、途中で治療を打ち切られてしまったという事で、弁護士相談を受ける人もいます。

また、怪我をすると交通事故は慰謝料という手段で解決される事もありますが、金額に納得できないという事で、弁護士相談を受ける人もいます。もしくは、トラブルが発生している分けではないが、交通事故の対応が一人で不安であったり、慰謝料が適当か判断してほしいという事で、気軽な相談を弁護士にする人もいます。