交通事故慰謝料の問題については弁護士に相談をする

交通事故の被害に遭ったら被害者は加害者に慰謝料や治療費を請求することが出来ますが、そのことについて話し合う相手は保険会社になる場合が大半です。
保険会社は被害者と折衝をするプロなので、本当はもっと慰謝料を取れるような事故でも上手く言い包められてしまうこともあります。

ですから交通事故慰謝料の件については一人で考え込まずに弁護士に相談をするのが良いです。
こういった問題は素人が判断するのはとても難しいので、自分だけで何とかしようとせずに弁護士のような法律の専門家に相談をすることが大切です。
それによって慰謝料の額を引き上げることが出来る可能性も出て来るので、そのためにもしっかりと専門の人の意見を聞くようにすることがとても重要になってきます。

交通事故慰謝料に関しての弁護士基準について

交通事故慰謝料の基準は3つに定められていて、相手側の保険会社が決めた基準に左右される可能性が大いにあります。そのなかでも弁護士基準は、過去の裁判所の判例などをもとにして、定められていますので、定められている基準のなかでも一番高いものとして知られています。他にも任意保険や自賠責保険などの基準が定められています。

自分で交通事故慰謝料の交渉を行うと、この任意保険や自賠責保険が適応されてしまうケースが多いとされています。弁護士基準での慰謝料については、交通事故弁護士に依頼することで、定められやすいことがあげられます。

交通事故慰謝料を弁護士基準で算出すると

交通事故は起こさないのはもちろん、遭いたくもないですね。ただ、起こさないようにするのは自分自身の注意で回避できますが、被害者の立場になるのは場合によっては避けられない場合も十分考えられます。そこでついてくるのが慰謝料です。相手の保険会社のペースで気がつけばこんなもんで決着させられるのかという経験がある方もいると思います。

そこで今注目されているのが、交通事故慰謝料を弁護士に依頼して増額を図るというものです。弁護士基準というものがあるらしく、それを利用することで平均3 4倍の慰謝料が手に入るというのです。今悩んでいるなら弁護士の先生に相談してみるのが良いのではないでしょうか。

弁護士基準で請求する交通事故慰謝料

交通事故における慰謝料請求の中でも、一番高額となるのが弁護士基準です。これは弁護士が加害者や保険会社などと示談交渉する際に用いる基準です。自賠責保険基準や任意保険基準などで用いられる基準と比較すると、慰謝料が2倍もしくは3倍以上に増額する可能性があるのが特徴です。

主に裁判所の判例を参考にして、交通事故処理委員会が公表をおこなっていることから、別名で裁判所基準とも呼ばれています。交通事故慰謝料の金額が少ないことや、保険会社が提示した金額に不満をもっているという方には、ぜひ参考にしてもらいたい基準となります。

交通事故慰謝料をもらうときの弁護士基準の額

私は大学生の時に交通事故に遭いました。自転車で信号を渡っていたら左折してきた車に突き飛ばされました。その時に保険会社から交通事故慰謝料をもらいました。親がやりとりしてくれたのでよくわからなかったのですが、相手の会社からの対応があまりよくなく責任者に直接連絡をしたら通常よりも交通事故慰謝料が多くなりました。

弁護士基準の額よりも多いです。弁護士により変動はあると思いますが、弁護士基準に考えて保険会社は額を決めていると思います。実際に事故にあったことや後遺症が何年か経って出てきたなどケースはさまざまですので、事故にあった方はとにかく細かい検査をしてほしいです。